シミトリーとシミウス。

美白効果のあるオールインワンジェルといえば、どちらも必ず名前が上がる人気の化粧品ですね。

シミトリー シミウス

それだけに「シミトリー」と「シミウス」のどっちがいいのか、そもそも違いはなんなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

私(40代女性)は、シミトリーもシミウスも購入したことがあります。実際に使って比較してみた結果、現在は「シミトリー」の方を愛用しています。

シミトリーとシミウスの違いや、なぜ私がシミトリーを選んだのか、その理由などをお伝えしていきます。

シミトリーとシミウスの違いは?私がシミトリーを選んだ4つの理由

【1】フラバンジェノールが配合されているから

私がシミトリーを選んだ一番の理由は、「フラバンジェノール」が配合されているからです。

フラバンジェノールは保湿作用、抗酸化作用にすぐれ、30代以上の女性たちにとっては夢のようなエイジングケア成分です。

シミトリーの販売元「フォーマルクライン」の発表では、保湿作用は「コラーゲンの5倍」「セラミドの15倍」、抗酸化作用は「ビタミンCの約600倍」「コエンザイムQ10の約250倍」といわれています。

シミトリーの全成分表示を確認してみると、このフラバンジェノール(フランスカイガンショウ樹皮エキス)が一番配合率が高い成分なんです。

おそらく長く使い続けるほど、美容効果を実感できるのではないかと思っています。

【2】シミトリーは無添加製法で安心

シミトリーは商品の特徴のひとつとして、「7つの無添加製法」を売りにしています。つまり「肌にやさしい商品ですよ」ということ。

シミトリー7つの無添加

  • パラベン
  • アルコール(エタノール)
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • シリコーン

もともとシミトリーは「敏感肌の人でも使用できるように」開発された商品らしいです。長く使い続けることを考えれば、肌に負担をかけるような成分は少ないほどいいですよね。

ちなみにシミウスの方はというと、無添加については記載がありません。どのくらい配慮して成分配合なのかは不明です。

スキンケアは毎日のことなので、やはり無添加製法にこだわったシミトリーの方に魅力を感じました。

【3】お手入れが簡単だから

シミトリーもシミウスもオールインワンジェルなので、基本的にお手入れは簡単です。でも面倒くさがりの私は、よりお手入れが簡単なシミトリーが気に入っています。

シミウスのスキンケアは、肌に塗布したあとにマッサージをすることで、美容効果がアップしたり、顔の血行がよくなるなどのメリットがあります。

でも私は本当に面倒くさがりなので、このマッサージが続きませんでした(汗)つまりシミウスのいいところが半減してしまうので、ちょっともったいないと思ってしまったんです。

その点、シミトリーは柔らかめのジェルクリームを肌になじませるだけ。伸びもいいし、すぐに浸透してサラサラになるので、簡単だしストレスなく使用できています。

【4】他の人の口コミや評価も参考にしました

シミトリーとシミウスのどっちがいいのか、他の人がどう思っているのかも気になったので、比較サイトなども参考にしました。

どちらも人気の商品だけに、優劣をつけるのは難しいと感じている中でも、結論としてシミトリーをおすすめしている人が多くいらっしゃいました。

印象に残っているのが、「シミトリーの方が後発だから、シミウスを上回るクオリティで発売されるのは当然のこと」という意見。妙に納得してしまいました。

シミトリーを選んだ理由まとめ

このような理由で、私はシミトリーの方を愛用しています。

使い始めてもうすぐ2ヶ月になりますが、保湿面も満足していますし、肌に透明感も出てきていい感じですよ。

基本的にはどちらもクオリティの高いオールインワンジェルなのですが、どちらかを選ぶのであれば、個人的にはシミトリーの方をおすすめします。

シミトリーの詳細はこちら

 

 

 

若い頃にはあまり気にならなかった毛穴の黒ずみが放っておけなくなってきた時は…。

常態的に顔などにニキビができる人は、食事の改善と一緒に、ニキビケア向けのスキンケアコスメを買ってケアすると有益です。
特にケアしてこなければ、40代にさしかかったあたりから段階的にしわが増加するのは至極当然のことでしょう。シミを予防するためには、平生からのたゆまぬ頑張りが不可欠です。
ボディソープを選択する時の重要ポイントは、低刺激ということだと断言します。日々お風呂に入る日本人の場合、外国人に比べてそれほど肌が汚くなることはないため、過度な洗浄力はいりません。
一年通して乾燥肌に悩んでいる方が見落としてしまいがちなのが、体全体の水分が圧倒的に足りないことです。どんなに化粧水を利用して保湿を行っていたとしても、摂取する水分が足りない状態だと肌の乾燥は改善されません。
アイラインのようなアイメイクは、普通に洗顔するだけではきれいさっぱり落とすことは不可能です。なので、専用のリムーバーを購入して、確実に洗浄することが美肌を作り出す早道と言えます。

ニキビなどの肌荒れが発生した時には、化粧を施すのを中止して栄養分をたくさん取り込み、夜はしっかり眠って内側と外側から肌をいたわりましょう。
負担の大きいダイエットで栄養失調になってしまうと、若くても肌が老け込んでずたぼろの状態になってしまう可能性があります。美肌作りのためにも、栄養は毎日補うよう意識しましょう。
洗顔の時は市販品の泡立てネットなどのグッズを活用し、きちんと洗顔フォームを泡立て、濃厚な泡で肌をなでていくようにソフトな手つきで洗顔しましょう。
男性と女性では毛穴から出てくる皮脂の量が異なるのをご存じでしょうか。中でも40~50代以降の男の人については、加齢臭対策用に開発されたボディソープの利用を勧奨したいところです。
額にできたしわは、放っておくとだんだん悪化し、元に戻すのが難しくなっていきます。なるべく早期にちゃんとしたケアをするよう心がけましょう。

腸内環境が悪化してしまうと腸内に存在する善玉菌や悪玉菌のバランスが異常を来し、下痢や便秘をひんぱんに繰り返します。特に便秘は口臭や体臭がひどくなり、さまざまな肌荒れの原因にもなるのです。
年を取るにつれて増加し始めるしわを防止するには、マッサージをするのがおすすめです。1日数分のみでもきちっと表情筋トレーニングをして鍛え続ければ、たるんだ肌を手堅くリフトアップさせられます。
便秘がちになると、老廃物を体の外に排出することができなくなり、その結果体の内部に残ることになってしまうので、血液循環によって老廃物が体全体を巡り、つらい肌荒れを誘発するのです。
若い頃にはあまり気にならなかった毛穴の黒ずみが放っておけなくなってきた時は、肌が弛み始めた証拠と言えます。リフトアップマッサージを敢行して、たるんだ肌をケアした方が良いでしょう。
日々嫌なストレスを抱え続けると、自律神経の機序が乱れることになります。敏感肌ないしはアトピー性皮膚炎の原因になることも考えられますので、可能な限り生活に工夫をして、ストレスと上手に付き合っていく方法を探しましょう。

「美肌目的でせっせとスキンケアを意識しているというのに…。

男性の場合女性と比較して、紫外線対策をしないうちに日に焼けることが多々あるので、30代以上になると女性と変わらずシミに頭を悩ます人が倍増します。
いくら美麗な肌になりたいと思ったとしても、健康に悪い生活をしていれば、美肌に生まれ変わるという願いは達成できません。なぜかと申しますと、肌だって体を構成する部位のひとつだからなのです。
美白化粧品を導入して肌をケアしていくのは、理想の美肌を目指すのに優れた効能がありますが、それをやる前に日焼けをすることがないよう紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。
「美肌目的でせっせとスキンケアを意識しているというのに、なかなか効果が実感できない」のなら、食事の質や睡眠など日頃のライフスタイルを見直すことをおすすめします。
皮膚の代謝を促進するには、積み上がった古い角質を除去してしまうことが必須だと言えます。きれいな肌を作るためにも、的確な洗顔法を学習しましょう。

人は性別によって皮脂が出てくる量が異なっているのをご存知だったでしょうか?なかんずく30~40代以降の男の人に関しては、加齢臭防止用のボディソープの利用をおすすめしたいと思います。
ニキビや炎症などの肌荒れが生じてしまったら、化粧を施すのを少し休んで栄養を豊富に摂り、ばっちり睡眠をとって外側と内側の双方から肌をケアしてください。
使用した化粧品が肌に合わない場合には、皮膚が腫れたり、かゆみ、炎症、吹き出物、ニキビなどが発生してしまうことがありますので気をつけなければなりません。肌が弱いという自覚があるなら、敏感肌向けに開発されたスキンケア化粧品を選択して使うようにしなければなりません。
無理してお金をそんなに掛けずとも、クオリティの高いスキンケアを実施可能です。保湿だったり紫外線対策、栄養いっぱいの食事、十分な睡眠はこれ以上ない美肌法となります。
食事とかサプリメントの使用でコラーゲンを補給したところで、それすべてが肌に使用されることはまずありません。乾燥肌に悩まされている人は、野菜や魚介類、そして肉類もバランスを優先して食することが大事なポイントです。

ストレスと申しますのは、敏感肌を悪化させて肌トラブルを助長します。的確なケアを実施するのと同時に、ストレスを発散して、内面に溜め込みすぎないことが大切だと思います。
髪のお手入れに使うシャンプー・トリートメントと体を洗浄するのに利用するボディソープは、同じメーカーのものを使用する方が良いということをご存知ですか?それぞれバラバラの香りがするものを用いると、互いの香りが喧嘩してしまうためです。
黒ずみ知らずの白い素肌を願うなら、美白化粧品に頼り切ったスキンケアを行うだけでなく、食習慣や睡眠時間、運動量などの点を徐々に改善することが必要不可欠です。
敏感肌に苦悩している方は、問題なく使える基礎化粧品に巡り会うまでが骨が折れるのです。かといってお手入れを怠れば、現状より肌荒れが悪化する可能性が高いので、根気強く探すことが肝要です。
紫外線や強いストレス、乾燥、栄養失調など、私たちの皮膚は多くの要因から影響を受けてしまいます。大切なスキンケアを地道に続けて、あこがれの美肌を作ることが大事です。