シミトリーはシミへのアプローチが評価されていますが、肝斑(かんぱん)に使用しても効果はあるのでしょうか。

シミトリーに配合されている成分から肝斑にどのような影響を与えるのか確認してみます。

 

シミトリーは肝斑への効果も期待できる?

シミトリー 肝斑

結論からお伝えすると、紫外線によるシミと同じように、シミトリーを使うことで肝斑を少しづつ改善していくことはできると考えられます。

肝斑はシミの中でも特殊なもの。女性ホルモンが影響していることから、「厄介なシミ」というイメージを持っている人も多いでしょう。

でも実は目立たなくするという意味では、紫外線によるシミとメカニズムは同じなんですね。

配合成分から分かる肝斑への効果

シミトリーで肝斑のケアをする場合、注目したい配合成分は2種類のビタミンC誘導体とハイドロキノン誘導体です。

2種類のビタミンC誘導体(3-O-エチルスコルビン酸、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル)やハイドロキノン誘導体(アルブチン)には、メラニンの生成を抑制してシミを予防する作用に加え、わずかながら還元する作用(薄くする)もあるとされています。

また注目のフラバンジェノールも抗酸化作用に優れ多成分です。シミの原因になる活性酸素を抑えてくれることからも、肝斑をこれ以上悪化させない作用が期待できます。

肝斑の原因は肌の状態が原因ではないので、シミトリーを使ったからといって劇的に肝斑を改善することはできないかも知れません。でも毎日シミトリーで地道にケアしてあげれば、肝斑予防、肝斑ケアも可能だと考えられます。

肝斑(かんぱん)はどんなシミ?

肝斑とは、ほほの周辺に広範囲にわたり発生するシミのことで、左右対称にほぼ同じ大きさ、形状でボヤっとしているのが特徴です。

肝斑が発生しやすい年齢層は主に30~40歳代の女性です。肝斑の症状がみられるのはだいたい50歳代後半までで、閉経とともに薄くなったり、消えてしまうといった傾向があります。

肝斑の原因は解明されたわけではありませんが、妊娠やピルの服用との関係が指摘されていることから、女性ホルモンのバランスが影響していると考えられています。

 

肝斑をケアする際の注意点

肝斑ができてしまう原因は主に女性ホルモンの影響と考えられていますが、紫外線、摩擦なども関係しているという説もあります。

「肝斑は女性ホルモンが原因」という固定観念から、日々の紫外線対策をおろそかにするのはNGです。今以上に肝斑の症状を悪化させないためにも、紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

次に「摩擦」ですが、毎日のスキンケアや洗顔が大きく影響します。特に洗顔時にゴシゴシと擦って洗っている人はすぐに洗顔方法を見直してください。

洗顔は手のひらではなく、泡で洗うのが基本です。手のひらが直接肌に触れないように洗顔料をしっかり泡だて、やさしく洗顔するようにしましょう。

女性ホルモンの影響については妊娠やピルの服用などが原因である以上、対策できることはほとんどありません。

肝斑を今以上にひどくさせないためには、紫外線対策、摩擦に注意することです。それに加え毎日のスキンケアで少しでも目立たなくするように心掛けてください。

 

肝斑を消すおすすめの方法は?

肝斑を消すためによく用いられる方法は、「トラネキサム酸内服液」を使用することです。 トラネキサム酸内服液に加えてシミトリーのような美白化粧品を併用すると、効率よく肝斑を目立たなくする効果が期待できます。

ちなみにハイドロキノンクリームも肝斑には効果的といわれていますが、医療機関では保険適用外の治療になることもあり、治療費はやや高額になってしまいます。

また医療機関だとケミカルピーリングやレーザーによる肝斑治療もあるのですが、こちらも保険適用外の治療に該当します。費用は医療機関やクリニックによって変わりますが、かなりの高額治療になることが一般的です。

 

私個人的な意見になりますが、肝斑をケアするときは手軽な方法、安価な方法から試してみるのがいいと思います。

最初はシミトリーのように手軽に始められるスキンケアからはじめてみることをおすすめです。それほど費用もかかりませんし、通院するわずらわしさもありませんからね。

自宅でのスキンケアに限界を感じたら、そのタイミングで医療機関に相談するという流れで検討してもいいのではないでしょうか。

シミトリーの詳細はこちら