シミトリーは、敏感肌の人でも使用できます。でも、その理由が曖昧だったら信用はできないですよね。

私も、新しい化粧品を使用するときは安全面が1番気になります。

なぜシミトリーが敏感肌でも安心して使用できるのか確認してみました。

 

シミトリーが敏感肌でも安心して使える3つの理由

【1】7つの無添加製法

シミトリー 無添加

シミトリーは7つの成分を無添加にしています。

  • パラベン
  • アルコール
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • シリコーン

これらはお肌に負担がかかる成分なので、余計なものが入っていないというのがポイントですね。

【2】球状ラメラ構造を採用

シミトリー ラメラ構造

シミトリーで採用している球状ラメラ構造は、特殊なカプセルで包まれていて、その内部が肌表面と同じ性質の「油」と「水」の層をなしています。

肌の表面も、水と油が交互に積み重なることによって守られているので、同じ構造を持っていると肌になじんですり抜けることができるのです。

今までのスキンケア化粧品は、美容成分が「油」と「水」の層を持っていなかったので、必要なところまで美容成分が行き届かずに、肌表面に長時間とどまったままになってしまっていました。

敏感肌の場合はそれに耐えられないことが肌荒れの原因として考えられますが、シミトリーの球状ラメラ構造は、肌表面に刺激を与えずに角層の奥に美容成分を届けることができるので、敏感肌や乾燥肌の方が使用しても肌荒れが起きにくいんですね。

【3】10種の保湿成分がバリア機能をサポート

保湿成分

シミトリーはシミの原因に肌の乾燥を挙げていて、保湿対策のために10種の天然由来の保湿エキスを配合しています。

  • フラバンジェノール
  • ビルバリー葉エキス
  • ユキノシタエキス
  • マロニエエキス
  • カンゾウフラボノイド
  • 天然ビタミンE
  • セラミド3
  • オリブ油
  • スクワラン
  • シア脂

肌は乾燥するとバリア機能が低下してしまい、少しの刺激でも肌荒れが起き、シミが発生しやすくなりますので、日頃のケアにこれだけ保湿成分が取り入れられるのは嬉しいですね!

敏感肌の人はパッチテストを忘れずに

シミトリーは敏感肌でも安心して使用できるといわれていますが、他の化粧品と同じく誰の肌に合うとは限りません。

敏感肌の方はいきなり顔に塗るのではなく、まずは目立たない部分でお試ししましょう。塗った後は絆創膏などでカバーし24時間ほど様子を見てみるのをおすすめします。

 

シミトリーが敏感肌でも使える理由まとめ

シミトリーは7つの無添加、球状ラメラ構造、10種の保湿成分という3つのポイントから敏感肌に優しいつくりになっています。

まずは必ずパッチテストをして異常がなかったら、安心して顔に使用しましょう。継続することでどんどん綺麗になっていきたいですね。

シミトリーの詳細はこちら